3人家族の間取りを比較!1LDK・2LDK・3LDKの違いを解説の画像

3人家族の間取りを比較!1LDK・2LDK・3LDKの違いを解説

ブログ

3人家族の間取りを比較!1LDK・2LDK・3LDKの違いを解説

3人家族で生活する場合、どのような間取りを選ぶべきなのか悩んでしまう方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、1LDK・2LDK・3LDKの違いを解説していきます。
3人家族で生活する場合、どの間取りが適しているのか、また向いている家族の特徴にも触れていますので、ご参考になさってください。

3人家族で1LDKの間取りが向いている場合の特徴とは

3人家族で1LDKの間取りが向いている場合の特徴とは

1LDKはややコンパクトなイメージがありますが、3人家族で向いている場合の特徴とは何なのでしょうか。
比較に役立つので、以下で詳しく見てみましょう。

乳幼児がいる場合

1LDKが向いている家族の特徴として、子どもが小さい場合が挙げられます。
1LDKは8畳以上のリビング、ダイニング、キッチンに加え、居間が1部屋あります。
3人暮らしだと手狭のように感じてしまいがちですが、子どもが小さい場合はとくに問題なく生活できるものです。
むしろ子どもが小さい場合は、あまり広すぎない部屋のほうが、子育てしやすいと感じる方も少なくないでしょう。
子どもが小さいうちは、部屋の中を自由に動き回ります。
その際に小物を口の中に入れたり、身体をぶつけたりしてしまう危険性があるため、親にとっては目が離せません。
しかし、1LDKなら部屋がコンパクトだからこそ、子どもの面倒が見やすくなります。
「少し目を話しているうちに遠くへ移動してしまう」「どこの部屋にいるのか分からない」などのトラブルを回避できるため、子育ての精神的負担がカバーされます。

貯金ができるメリットも

1LDKは、ほかの間取りよりも家賃が安いメリットがあるため、子どもが小さいうちに貯金がしたい方にぴったりです。
子どもが大きくなると、生活費はもちろん学費がかかります。
そのため、ほとんどの家庭では貯金をしておき、子どもの将来に備えるのが一般的です。
家賃は毎月同額を請求される「固定費」のため、安いほど金銭的負担が軽くなります。
なかには、貯金をしたお金でマイホームを購入しようと考えている方もいるため、あくまでも「お金が貯まるまでの間」と考えて、1LDKの家賃が安い物件で生活する方もいらっしゃいます。

家事が楽になる

1LDKは部屋数が少ないため、掃除が簡単になります。
部屋の数が多いと、その分掃除機をかけるスペースが増えますが、1LDKならリビング、ダイニング、キッチンと居間しかありません。
子育てをしていると家事をする余裕がなくなり、掃除が行き届かなくなるケースが多いです。
なかには育児ノイローゼになってしまい、何も手が付かなくなる方もいます。
そんなトラブルを回避できるメリットもあるので、子どもが小さい間は1LDKのコンパクトな部屋で暮らすのはおすすめです。
ただし、子どもがある程度成長すると手狭に感じる可能性があるため、必要に応じて引っ越しをしなくてはなりません。

3人家族で2LDKの間取りが向いている場合の特徴とは

3人家族で2LDKの間取りが向いている場合の特徴とは

2LKは1LDKよりもゆとりのある暮らしができそうな印象を受けます。
以下で2LDKの間取りが向いている家族の特徴を見て比較しましょう。

3人家族で良く選ばれる間取り

2LDKは3人家族から選ばれるケースが多い間取りです。
基本的に2LDKがおすすめできる家族の特徴として、子どもがある程度大きくなってからも生活したと考えている場合が挙げられます。
先述したように1LDKは、小さな子どもがいる家庭には適していますが、小学生以降になると手狭に感じてしまいがちです。
自分の部屋がほしいと思っていても、1LDKでは現実的に厳しいケースもあるでしょう。
また、小学生以降になると友達を自宅へ呼んで遊ぶ機会が増えますが、1LDKでは大人数を呼ぶのに限界があります。
2LDKなら、そんな問題をすべて解消できます。
2つある居間のうち1つを子ども部屋に、もう1つは夫婦の寝室にすれば、家族で快適に過ごせる空間になるでしょう。
また、2LDKになるとリビングが広くなるため、友達を招きやすくなります。

引っ越し回数が少なく済む

先述したように1LDKの場合、子どもが大きくなると部屋が狭く感じてしまいます。
そのため、子どもが大きくなった段階で、新しい物件に引っ越す方が多いです。
しかし、最初からある程度広い間取りを選んでおけば、引っ越し回数を減らせます。
居間も2つあるため、生活スタイルに合わせて用途を変えられるのが魅力です。
また、引っ越しを繰り返していると、その度に費用がかかってしまうため、家計の負担になります。
さらには生活環境が変わる影響によるストレスもあり、かえって子どもにとって良くないケースもあるでしょう。
引っ越しの回数が少なく済めば、同じ場所で長く生活でき、ストレスも与えずに済みます。

家族でのコミュニケーションが取りやすい

家族でのコミュニケーションが取りやすい利点もあります。
リビングが広くゆとりがあるため、同じ場所に集まってテレビを見たりお菓子を食べたりなど、家族団らんの時間を持てるのが魅力です。
もしそれぞれ異なるライフスタイルだったとしても、リビングが広ければ同じ時間を過ごしやすいです。
自然な形で家族が会話できる空間になるので、居心地の良い部屋となるでしょう。
また、リビングが広いと用途の幅も広がり、自由に部屋で過ごせます。

3人家族で3LDKの間取りが向いている場合の特徴とは

3人家族で3LDKの間取りが向いている場合の特徴とは

3LDKはご紹介した間取りのなかでもっとも広いのが特徴です。
以下でどのような方に向いているのかを解説するので、他の間取りと比較しましょう。

子どもが増える予定のある場合

今後子どもが増える予定がある、子どもが複数人ほしいなどの場合は、3LDKがおすすめです。
3LDKなら居間が3つあるタイプなので、子どもが複数人いても窮屈になりません。
ここまでで解説したように、子どもが乳幼児の内は部屋がコンパクトでも問題ありませんが、ある程度大きくなるとさまざまな部分で不便を感じてしまうものです。
これは子ども本人にとってもストレスとなるため、生活環境として理想的とは言えません。
しかし、3LDKなら子どもの成長を考えても、問題なく過ごせるといえます。
手狭に感じる心配がないため、兄弟が生まれても安心して過ごせます。
子育てをしていくためには、精神的な余裕が必要です。
親にとっても3LDKは、気持ちに余裕をもって複数の子どもを育てるために不可欠な空間と言えるでしょう。
夫婦で1部屋使えば、残りの部屋を子どもたちに提供できるので、プライベートスペースの確保に悩まされる心配もありません。

両親と同居する場合

もし子どもの数が1人でも、両親との同居を予定としている場合は、3LDKがおすすめです。
大人2名が増える場合、やはりある程度のゆとりがないと狭くなってしまいます。
両親が高齢だった場合は、部屋の中を頻繁に動かない可能性もありますが、それでも共用スペースをはじめとした住空間は狭さを感じてしまうものです。
この場合は3LDKを選びましょう。
3LDKなら、居間を3つに分けてお互いに配慮しながら過ごせます。
部屋を子ども、夫婦、両親に分けて考えれば、プライベートスペースを保ちながら生活できます。
もし子どもが複数人いる場合は、子ども部屋を共用にする方法が理想的です。
場合によっては仕切りを導入して個別スペースを作れるので、両親がいる場合は世代ごとに分けると良いでしょう。

まとめ

3人家族で生活する際は、適切な間取りを考えなくてはなりません。
今後子どもが増える可能性はあるか、子どもの年齢はいくつかなどによっても変わるでしょう。
そのため、それぞれの間取りを比較しながら適切な物件を探してみてください。


”ブログ”おすすめ記事

  • 不動産売却における媒介契約とは?メリットや注意点についても解説!の画像

    不動産売却における媒介契約とは?メリットや注意点についても解説!

    ブログ

  • 賃貸物件はいつから築古・築浅になる?築年数の目安と特徴について解説の画像

    賃貸物件はいつから築古・築浅になる?築年数の目安と特徴について解説

    ブログ

  • 賃貸物件でにおいが発生する原因は?チェックポイントや対策法を解説の画像

    賃貸物件でにおいが発生する原因は?チェックポイントや対策法を解説

    ブログ

  • 土地の売却を成功させるための準備とは?高く売るコツや注意点を解説の画像

    土地の売却を成功させるための準備とは?高く売るコツや注意点を解説

    ブログ

  • 不動産を購入する流れは?販売形態や注意点などを解説の画像

    不動産を購入する流れは?販売形態や注意点などを解説

    ブログ

  • アパート、貸家、駐車場などを持たれている大家さんでお困りごとはありませんか?の画像

    アパート、貸家、駐車場などを持たれている大家さんでお困りごとはありませんか?

    ブログ

もっと見る